FC2ブログ

桜井ライオンズクラブ

2008年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

まさに四方山話

みなさん、こんにちは。
ブログ初登場で、いささか緊張しております。

新年度初例会並びに、次期役員理事及び正副委員長会議も
無事終了し、田中会長のもと、新たに船出した桜井ライオンズクラブ。
この一年、多くの社会貢献と、奉仕をすべく、一同決意を新たにして
いるところです。

さて、本日は、私事ですが、ライオンズクラブではなく、
別の所属する会で、奈良少年鑑別所に、慰問に行ってきました。

少年鑑別所は、おおむね14歳から20歳未満の非行を犯した少年等を、
家庭裁判所の決定に基づき4週間から8週間収容する施設です。
その間、鑑別所で過ごす少年たちとの面接や、ささいなしぐさから、
非行の原因を分析し、立ち直りのための指導をされています。

もちろん、前面にはでてこない仕事ですが、平和で明るい社会を作る上で、
非常に大切な仕事であり、ライオンズクラブの社会貢献にも通じるところが
ある施設です。

所長より、施設の設備等の説明と、鑑別所で過ごす少年たちの生活について、
詳しくご説明をいただきました。

ほんのささいなボタンの掛け違えが、徐々に大きな掛け違えとなり、
最終的には、取り返しのつかない大きな事件になるということもあります。
つい、先日も、14歳の少年がバスジャックをするという事件が発生した
こともあり、様々な事を考えさせられる一日でした。

ほんの少し手をさしのべる。ほんの少し声をかけるだけで、
その人の人生を救えるかもしれません。
一人一人の小さな行動の積み重ねが、ひいては世界平和につながります。
ちょっと、大袈裟でしょうか?

(J)

| その他 | TOP↑

| PAGE-SELECT |