FC2ブログ

桜井ライオンズクラブ

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お知らせ Vol.1

昨日事務局にて、当委員会メンバーの手によって写真の印刷を行いました。
今期が始まって2ヶ月あまりですが、納涼例会を中心に結構な撮影枚数がありました。


 
 先ずは撮影したデータを、全てパソコンに移して写真をチェックします。
 迫力満点のものから笑えるものまで、見ているだけでも結構楽しめます。

 で、印刷枚数を指示して、いざ印刷開始!


14.jpg
 当クラブの備品であるこのプリンター、初めて使用しましたが、
 小さいながら文句も言わず、大変よく働いてくれます。 

 しかし、想像以上に時間が掛かります。。。


15.jpg
 こんな風にメンバー事に分けていきます。
 その数、全部で400枚弱。



何とか無事終了!

次回の例会の際、皆様に販売させて頂きます。
もちろん、その収益金は貴重な財源として、当クラブの運営に役立ちます。

皆様のご協力をお願い申し上げます。

(K)

| お知らせ | TOP↑

≫ EDIT

札幌への道 Vol.3

札幌マラソンがいよいよ近づいてきました。
ところが、気があせるばかりで、なかなか満足な練習が出来ていません。

hasedam.jpgそんなこんなで、先週、我がチームでは有名な初瀬ダムに繰り出しました。
ダムの回りを走ると1周で、約2.2km。手頃な距離ということで、
夜7時から力強く走り始めました。

ところが、走り始めこそ薄明るかったのですが、徐々に日が暮れ、
途中からは、真っ暗闇の中を走ることとなりました。
(ダムの上に外灯があるだけで、他の場所には、外灯がありません。)

夜のダムというのは、あまり気持ちいいものではありません。しかも、真っ暗闇...。
そのうちに、木や草が人影に見えてきたりして...。
でも、そのお陰で、早く1周しようと、ペースが上がり、今までにないタイムで1周できました。
(めでたし、めでたし)

夜のダムはもう、こりごりと、昨日は、芝の運動公園から、
駅伝で走ったコースを走りました。

こちらは、必要な所に、外灯があり、夜走るには、最適のコースでした。
これからは、ここで練習しよう。

その後、筋トレの為、スポーツクラブへ。
トレーニング終了後、トレーナーからの勧めで、体脂肪を計ることに。
正直、結果については、あまり期待していませんでした。

と、と、ところが...。
体重は1月時点と同じでしたが、体脂肪が3%も減り、18.9%に...。涙、涙、涙...。
さらに、走っていただけなのに、脚はもちろん、腕の筋肉量も増えました。
運動するということは、やはり、すごいもんですね。
ということで、総合評価も、「過脂肪」の評価から、あこがれの「適正」に...。

ちょっと、札幌への道が開けたような気がしました。

皆さんも、ウォーキングといった手頃な運動から始めてみませんか?
普段何気なく見ていた景色も、驚くなかれ、違って見えるようになりますよ。

 (J)

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

CN45周年記念ACT

8月26日、桜井市役所において、CN45周年記念アクティビティとして
桜井市に創設される「ふるさと寄付金制度」の消防・防災事業に金一封を贈呈しました。


10.jpg
  
  
  これが贈呈した現物、地域社会の発展に貢献して頂きたいと思います。


  

11.jpg

  田中会長、幕田記念事業・ACT部会長お二人の手から
  谷奥市長に贈られました。


12.jpg

  お礼の感謝状を頂きました。



13.jpg

  奈良日々新聞の取材も受けました。
  笑顔で応対する大倉実行委員長と幕田記念事業・ACT部会長の
  お二人。

(K)

| 報告 | TOP↑

≫ EDIT

お誕生日!

2008819.jpg
8月11日は我委員会委員長のk氏
8月19日は花形委員会委員長のK氏のお誕生日でした

お二人ともご家庭では祝ってもらえなく、寂しそうだったので仲間内で
簡単なお誕生会を開催いたしました

シャンパン・テキーラ・バーボンも入りかなり盛り上がりましたね(^.^)
(やり過ぎてしまってただ今反省中^^;)

尚、この写真以外もたくさん撮りましたがここではとても載せられません(^_^;)


でも、いくつになっても誕生日はいいものですね!(^^)!

札幌マラソンに向けての8月の走行距離 110.63km f

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

第1090回例会 (献血奉仕例会)

桜井市役所並びに、三輪そうめん山本様にて、献血奉仕例会を開催致しました。
この献血奉仕は、ライオンズクラブでも重要なアクティビティの一つで、
毎年、様々な場所で、開催しています。

002.jpg

001.jpg

005.jpg

血液は、長期保存ができませんので、絶えず、新鮮な血液を集める必要があります。
今日も、各血液型で、400ml×20名の血液が必要となっています。

それでは、某メンバーの献血する様子を見てみましょう。
101.jpg

 順番待ちをしています。 なぜか、すごいうれしそうです。





103.jpg
 採血に問題ないか、問診や、血圧の検査等を行います。

 この方、相変わらず、テンション高いです。


105.jpg
 採血のため、バスに乗り込みます。
 採血針は使い捨てですし、看護師がそばについてくれますので、
 安心して採血できます。

 この方、やっぱり、うれしそうにバスに消えていきました。


106.jpg 30分後、採血終了し、バスから降りてきました。
 おっと、足下が...。

 冗談です。
 ただし、採血後は、十分に水分を補給し、10分以上休憩して下さい。

 なお、余談ですが、後ろに見えているのは、生け生け本舗の車です。
         ちなみに、、エアコン付いていません。余談ですが...。

108.jpg
 献血終了後、感謝の気持ちを込めた様々な粗品がもらえます。

 終始この方が、うれしそうだった意味がようやくわかりました。




担当の献血・献眼推進委員会の方々、お疲れ様でした。
003.jpg

 (J)

| 例会 | TOP↑

≫ EDIT

北京五輪とインターネット Vol.1

一週間もブログの更新が無いと、さすがに名ばかりの委員長と言えど
多少は気になるもので、何のネタにしようかと思案しましたが、やはり
今が旬のオリンピックの話題を少しだけ・・・

世界のアスリート達が、最高のモチベーションで勝負を争うその姿は、
見るものを魅了してやまない。
中でも陸上男子100mの決勝は、見ている私の度肝を抜かれた。
過去に例のない大差での勝利、そして最後はNHKのアナウンサーの
言葉を借りるなら、「世紀の欽ちゃん走り」で余裕のゴール。
しかも世界新というから恐れ入った。
「すごい」という言葉以外に表現が思い付かない。
まさにスポーツに勝るエンターテイメントは無いと、改めて実感しました。

TV観戦をしていると、どうしても国民の多くが注目する競技、あるいは
日本人選手が出場する競技が優先して放映されます。
もちろん、それはそれで仕方のない事ですが、普段はライブで放映しない
比較的マイナーな競技を楽しみたい人にとっては、いささか寂しい気が
するのはいつもの事。
しかし、これだけネット社会の整った2008年、いろいろと楽しむ方法が
あるもので、中でもインターネットのサイトでgorin.jpというサイトがあります。
ご存知の方も多いと思いますが、これはTV中継の無い競技も含めて、
いろんな競技を幅広くネット上で配信するサイトの事です。
日本人選手のみならず、さまざまな国の選手が出場するマイナーな競技を、
インターネット上で観戦する事も出来る。
もちろんパソコンの画面を通してなので、TVの画面に比べると迫力に
欠けるのは仕方がない。しかし、今まで活字を通して結果を知るしか
方法のなかった競技が観戦出来るのであるから、これは個人的には大変
嬉しい限りで重宝しています。
また改めて、インターネットの便利さを知った北京五輪でした。

スポーツ観戦が好きな私にとっては、高校野球も終わりオリンピックも
終盤に差掛かり、少しずつ楽しみが減っていく日々。。。
あとの楽しみは、我が阪神タイガースが、順調に勝ち進んで優勝の美酒を
飲ませてくれさえすればそれだけで・・・
9月中旬のヤクルト三連戦、すべてチケットをゲットしております。
どうかその辺りに胴上げがありますように・・・(祈)

(K)

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

札幌への道 Vol.2

ライオンズとは、全く関係ない独り言...。

いよいよ、北京オリンピックが始まりました。
時差1時間ということで、無理しなくても、各種競技をLIVEでみれるのがうれしいですね

柔道・谷本の2連覇や、平泳ぎの北島の2連覇といったうれしいニュースが
入ってくる一方で、マラソンの野口みずきさんの出場辞退の情報が入ってきました。
同じ、ランナーとして、悔しい気持ちが、痛いほどわかります。
(委員長の声 : 同列は、おかしいやろ~。)

代表として、小さな肩にかかる日の丸の重圧...。
ましてや、史上初のマラソン2連覇がかかるオリンピック...。
でも、多くの日本人は、貴方の決断を、勇気ある決断と受け止めていることと思います。
たかが、オリンピック。 されど、オリンピック。
オリンピックだけが人生ではありません。
(委員長の声 : 上から目線? あなたは誰?)

かくいう私も、去年は、深呼吸で肩を痛め、ゲートボールで肘を痛め、さらに、
2km走り、膝を痛めました。まさに満身創痍の状態です。
それだけに、ケガをされた野口さんの気持ちは痛いほどわかります。
(委員長の声 : せやから、同列はおかしいいうてるやろ!!)

たかが、札幌。されど、札幌。
こうなったら、野口さんの分まで走ります。
(委員長の声 : 本当に、あなたは誰? 何者?)

札幌マラソンに向けての8月の走行距離 10.5km(ほとんど、徒歩)

また、結石になろかな。
(委員長の声 : 結石で一生、休んどいて下さい。)

 (J)

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

第1089回例会(納涼例会 IN ホテル杉の湯)

8月7日に恒例の納涼例会が「ホテル杉の湯」で開催されました。
当日は3名の終身会員の方が参加され、大いに盛り上がり、そして温泉と
奥吉野の壮大な大自然の眺めと、旬の料理を堪能しました。

   DSCF0449.jpg
DSCF0458.jpg



DSCF0460.jpg  

  満面の笑みを浮かべるL.田中(芳)幹事と終身会員L.杉本のお二人


DSCF0447.jpg

  まさに威風堂々! 終身会員L.御所名(達)、L.桑原(蔵)のお二人。



DSCF0436.jpg

最初に運ばれてきた料理はこんな感じでした。

DSCF0444.jpg    

  個人的には、このトマトの酢の物が、
  さっぱりとして大変美味だったと思います。





DSCF0454.jpg

例会委員の皆様!大変お世話になり有難うございました。


(K)

| 例会 | TOP↑

≫ EDIT

CN45周年・部会報告

8月5日、CN45周年記念事業、式典・会場部会を開催しました。
部会長 L.石河 作成の詳細な資料をたたき台に、部会メンバーによる
真剣な会議となりました。

DSC00068.jpg真剣な面持ちで、協議する部会メンバー

CN45周年記念事業の成功に向け頭をひねり、
智恵を絞ります。


無事、式典の流れと、役割分担・担当責任者も決まり、
今後、出来上がった骨組みに、肉付けをしていきます。
ここからが、腕の見せ所。 こう、ご期待下さい...。

というところで、同様に2階で部会をされていた
登録・受付・記念品部会と合流し、待ちに待った? 宴に突入です。
DSC00070.jpg

DSC00071.jpg

DSC00073.jpg

CN45周年実行委員長L.大倉並びに、副実行委員長L.木村の発声により、
情報交換を兼ねた宴が始まり、おいしい料理に舌鼓をうち、
CN45周年記念事業に思いをはせる両部会メンバーでした。

ところで、宴もたけなわ、女性の名刺が1枚回ってきました。
裏には、某メンバー宛に「貴方のことを、はっきりと覚えています」のメッセージが...。
どうも、中学校の同級生だとの話。

この羨ましい果報者に名刺が回りましたが、知らない、覚えがないの一点張り。
そこで、メッセージを書いた本人に電話をして確かめようということに...。
結局、1年後輩の女性ということで、一件落着。
ちなみに、その女性は保険関係の仕事をされており、上記のメッセージの後ろには、
保険の案内の文章も書かれておりました。
つまり、業務用メッセージということで、くれぐれも勘違いされませんように。

それにしても、仕事の後のビールはうまい。
でも、会議より、宴の方が長かったような気が...。
気のせいでしょうか?


札幌マラソンに向けての8月の走行距離 1km(徒歩含む)
まだまだ、これから、これから...。

 (J)

| 報告 | TOP↑

≫ EDIT

8月3日

8月3日、橿原神宮養正殿において、元クラブメンバーであられます
前桜井市長 長谷川 明氏の「旭日小授章を祝う会」が開催されました。

各界から200名を超える方々がお祝いに来られており、我桜井LCメンバーも
多数出席されておりました。
P1000336-1.gif
代表発起人 衆議院議員 田野瀬 良太郎氏



ただ、会場内にたった1席の空席が・・・・^^;

行くの忘れた人は手を挙げて下さい (ー_ー)!!


札幌マラソンに向けて8月の走行距離 14.91Km(F)

| 報告 | TOP↑

≫ EDIT

札幌への道

PR・情報・IT委員会スポーツ担当の(F)氏より、誘われ、
今年から、各種マラソン大会に出場しております。
といっても、過去の実績は、2.3km、10kmと、マラソンの分類にも入れてもらえない
かわいい距離を走っただけであります。

が、いよいよ、満を持してマラソンに挑戦します。
10月5日開催の、その名も、「第33回 札幌マラソン」。
約1万人のランナーが、札幌市内を駆けめぐります。想像するだけでワクワクします。

このために、2ヶ月間充電し、力を蓄えてきました。
(単にさぼってただけやという非難の声もありますが...。)
そろそろ、リバウンドで、お腹もポッコリしてきましたので、
始動したいと思います。

ちなみに、大会のゲストは....
マラソン界のシンデレラ、千葉 真子さん、かわいい!
guest1

W杯で、日本のクロスカントリースキー史上初の3位、夏見 円さん。これまたかわいい。
guest2

えっ!? なんで? 恐っ。 元日本ハム・広瀬 哲朗さん
guest3

申し込み締め切りは、8月8日。
まだ、間に合いますよ! そこの委員長(K)さん

 つづく    (J)

| その他 | TOP↑

≫ EDIT

「献」の字の由来

早いもので今日から8月。
いつものように、机の上の卓上カレンダーを1枚捲り、忘れないようにと今月
の予定の中で大事なものを幾つか書き込んだ。
もちろん当クラブの例会日である7日には「納涼例会」、21日には「献血奉仕
例会」と書き込んだ。

そこでふと疑問に思った事が・・・

献血の「献」という字は「献上・献金・献花・献本」等々の言葉から「ささげる・
たてまつる・差し上げる」という意味合いであるのは、辞書を引くまでもなく
私の頭でも何とか想像が付く。

だが、「南」と「犬」を組み合わせた「献」という字が、何故にそのような意味を
持つようになったのか?

こんな時に、インターネットというのは大変便利で、そんな内容も容易に検索
する事が出来る。

で、早速調べて見たところ、「献」は新字体で、旧字体は「獻」になり、本来
の左半分は下図のような形をしているらしい。これは「こしき」とか「かなえ」
と言い、要するに容器の一種を表す漢字だそうで、この容器と犬とがどう組
み合わさると「ささげる」という意味になるのかは、大きく分けて2つの説が
あるらしい。
1つは、犬の肉を容器に盛って、神様にお供えするところから「ささげる」と
いう意味になったという説。もう1つは、神様に供えものをする際にけがれを
払う為に、まず容器に犬の血を塗ったところから、「ささげる」という意味が生
まれたという説だそうです。

もちろんこれは中国古代の話ですが、いずれにしても神様の為とはいえ、
犬にとってはかわいそうな話です。

漢字の中には、現代に生きる我々からするとびっくりするような、こんな話を
秘めている事もあるんだと、改めて関心させられました。

みなさんはご存知でしたか?


(K)

3.gif

| その他 | TOP↑

| PAGE-SELECT |