FC2ブログ

桜井ライオンズクラブ

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第1154回例会「研修(講師)例会」

4月21日(木)、桜井市商工会館にて第1154回例会「研修(講師)例会」が
行われました。

先ず会長挨拶、会長L.福井、そして幹事報告、幹事L.金澤。
20110422_00.jpg20110422_01.jpg

司会進行、副幹事L.北村。
20110422_03.jpg

テールツイスターの登場で、ドネーションの発表です。
20110422_04.jpg
20110422_05.jpg20110422_06.jpg20110422_07.jpg



そして本日の「研修(講師)例会」の始まりです。
本日の講師は副幹事であり財務委員長のL.北村による講演で、演題は
「ライオンズクラブ決算書の見方」と言うタイトルです。
司会である副幹事自らが、講演者の御自身を紹介するという、一人二役
の状態で講演の始まりです。
20110422_08.jpg
20110422_02.jpg
 何やら事前に横のテーブルに置かれた鍋だのコンロだの
 準備物の数々、一体全体今日の講演にどう関係するのか、
 この時点では全く意味不明・・・

20110422_09.jpg
 そして先ずは、資料を読み上げながらクラブの
 財務状況について、解説の始まりです。




しばらくすると、例のコンロに火を付けお湯を沸かし、おもむろに取り
出したニ種類のそうめんを、それぞれ茹で始めました。
そして茹で上がったそうめんの長さを比べ、その長さの違いをもって
いわゆる新物と古物(ひねもの)の見分け方を教えて頂きました。
20110422_10.jpg20110422_11.jpg
20110422_12.jpg
「なるほど、なるほど」確かに勉強にはなりましたが、今日の講演内容と、
どう結び付くのかが疑問でした。
で、その事を御本人に尋ねると、本日のテーマには全く関係が無いとの
返答、時間に余裕があるので単なる余興を行ったのだとか。
一同「はあ?」そして唖然。。。
時間に余裕と言いながら、話の最後の方は時間が押した為に、かなり駆け足
だったような気もしますが・・・
まあまあ、いずれにしてもこの日に始まった事ではありませんが、この方には
いつもいろんな意味で驚かされます。


20110422_13.jpg20110422_14.jpg
肝心な講演の内容については、当クラブも会員数が減ってきて、以前に
比べると厳しい財務内容になりつつあり、それを解消する為には、やはり
会員の増強が不可欠だと言う事です。

その為にも、新しい方が入会したくなるような魅力あるクラブ作りを
心がけたいと思いました。



最後は会長L福井のライオンズローアで、無事例会は終了致しました。
20110422_15.jpg


(K)

| 例会 | TOP↑

| PAGE-SELECT |